テナント松山トップページ物件選びのポイント > [事務所開設支援]オフィス移転にかかる費用

物件選びのポイント

事務所開設支援


賃貸借契約にかかる費用

新しいオフィスの賃貸借契約において、契約日までに敷金(保証金)や仲介手数料、前家賃などを支払う必要があります。物件によっては、契約日から数ヶ月間賃料を無料にしている貸主もいますので事前に確認をしましょう。

敷金(保証金) 6〜12ヶ月(物件により異なります。また、交渉できる場合もあります)
仲介手数料 1ヶ月分
前家賃 1ヶ月分(通常日割)

※上記以外に看板代、借家人賠償保険など必要になる場合もありますので、契約前に確認しましょう。

内装・設備にかかる費用

内装・設備にかかる費用

オフィスの開設や移転には、内装工事・間仕切り(パーテーション)工事・電気工事・電話工事・LAN工事・ネットワークの構築などの作業が必要になります。担当スタッフの負担を軽減するためにも各工事を一部もしくは一括して工程管理ができる業者に委託することも必要です。

引越しにかかる費用

引越し費用については、現在のオフィスから移転先までの距離と移動させる荷物の量を基準に数社の引越し会社から見積もりを出してもらいましょう。あらかじめ必要な費用を把握しておくことも大切です。支払いは作業終了後になる場合が一般的ですが、着手金が必要になる場合もありますので、事前に確認するようにしましょう。

家具・什器・OA機器の購入にかかる費用

家具・什器・OA機器の購入にかかる費用

オフィスの移転では、現在のオフィス家具・什器等を持ち出すこともありますが、新オフィス開設に併せて新調することも多いので、商品代金にかかる費用を事前に準備しておきましょう。
また、オフィス家具や什器は、商品代金のほかに搬入費用や組立・施工費用がかかることがあります。メーカーによっては商品の在庫数が少ない場合があるので、在庫状況の確認を聞いておくことも必要です。

原状回復にかかる費用

移転前のオフィスの原状回復は、貸主(オーナー・管理会社)の指定業者が施工するケースが殆どです。工事代金は通常、敷金(保証金)から差し引かれ残りが返金されます。
敷金(保証金)の返還時期は、「前オフィスの明け渡し時」「明け渡しから3ヶ月後」「明け渡しから6ヶ月後」になるパターンが多いようですので、どのパターンになるのか貸主(オーナー・管理会社)に確認しましょう。

廃棄物処理にかかる費用

廃棄物(机・椅子・キャビネットなど)の処理をリサイクル業者へ一任することも一案です。しかし、下見や引取りに費用がかかる場合もあります。できればオフィス移転を請け負った業者に廃棄する費用を出してもらい、リサイクル業者と比較検討されてみたらいかがでしょうか。